« 映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の感想 | トップページ | 映画「ピース・ニッポン」の感想 »

2018年7月15日 (日)

映画「モリのいる場所」の感想


悪く言えば意味不明なひきこもり絵師の生活
よく言えば難解でした

続きを読む…

« 映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の感想 | トップページ | 映画「ピース・ニッポン」の感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2551440/73860295

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モリのいる場所」の感想:

» 「モリのいる場所」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2018年・日本/日活=ダブ配給:日活 監督:沖田修一 脚本:沖田修一プロデューサー:吉田憲一、宇田川寧 実在の洋画家・熊谷守一の晩年のある一日を描いた風変わりなドラマ。脚本・監督は「滝を見にいく」「... [続きを読む]

» 映画『モリのいる場所』★熊谷守一画伯がいるのは自宅の“森“(^^)/ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174111/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・美術館のHPです→コチラ  ・モリ(熊谷守一): 山崎努☆ ・妻: 樹木希林☆         (この夫婦を見ているだけで、観た~!という満足感あり☆) 気になる画家:熊谷守一さんが、映画になるなんて!\(^o^)/ とて...... [続きを読む]

» モリのいる場所 [象のロケット]
昭和49年(1974年)、東京都豊島区。 画家モリこと熊谷守一(94歳)は、もう30年も自宅の敷地から一歩も出ていないと噂されていた。 日中は草木が生い茂る庭で生き物を眺め、夜は画室で絵を描いている。 妻・秀子(74歳)と姪・美恵は、頻繁に訪れる訪問客の対応に忙しい。 ところが、近隣にマンションが建設されることに…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

« 映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の感想 | トップページ | 映画「ピース・ニッポン」の感想 »